四国遍路に発心~霊場88ヶ寺と別格20ヶ寺の結願♪

四国88ヶ寺霊場巡拝
私と娘と孫(2006年当時)8才の女三人が2006年9月~2007年7月までの12回区切り打ちバス遍路を、先達さんや「贈公認先達・笑顔の大使・たまちゃん」や、多くの皆さんに色々と陰日向になり応援頂いたお蔭を持ちまして、有難く結願させて頂けました。
その体験記録を、勉強不足で未熟な内容のブログですが、少しでも四国遍路に興味を持って頂き何時の日か、お大師様の偉大なご加護に沢山の方が出会えて頂ける足がかりの一歩にでもお役に立てればと願って書きました。



遍路への発心!
佐藤孝子先生のお声がけで、、「遍路道中物故者の碑」に、ありがたくも私と娘の写経を収めて頂いているので、笑顔の大師たまちゃん家族に先導して貰い、念願だった初参拝させて頂いた。(たまちゃんの事は、カテゴリの下の「☆贈公認先達のたまちゃん」に詳しく書いて在ります)
その供養碑参拝の感動で、娘が四国巡拝したいと言い、今回の順序になり、たまちゃん御家族には本当に感謝です 
四国遍路は、「思い立ったら「発心(ほっしん)」誰にでも出来る修行であります。



霊場88という数字について
人の厄年で男42・女33・子供13の年の合計で~人間の88の煩悩を表わす事らしいです。
d0091279_2385740.jpg

1周目2002年4月~2004年4月に近所の方と7人で4回に分けての車遍路で結願!
2周目2006年9月~2007年8月の月1回のペースで12回に分けての、バスツアー巡拝で結願!



別格20霊場巡拝
d0091279_2311394.jpg

2007年12月と2008年3月の2回に分けてのお参りで結願!写真は別格の花曼荼羅
別格の由来を公式ホームページより
四国88ヶ所のほかに番外札所として弘法大師ゆかりの地が沢山あります。その内、20ヶ寺が集まって35年前に四国別格20霊場が創設されました。
88カ所に別格霊場を加えると108になります。「百八煩悩消滅のお大師様の道」が、別格礼所開設の主旨であります。   



お参りの仕方
■札所ごとに本堂と大師堂の2ヶ所でお参りする。
■山門に入る時には一礼をします 出る時にも一礼をする。
■手と口をすすぎます。橋の上では杖をついては為らない。
■本堂から先にお参りします      
■お灯明(ろうそく)を1本灯す  灯明は奥の方から (後から参拝される方の為の配慮です)  
■線香を3本たてます       線香は中央から(後から参拝される方の為の配慮です)
■納め札をお札入れに、写経は写経入れに入れます(住所・年・名前・願い事を書きます)
■お賽銭を投げずに静に賽銭箱に入れます     
■先達さんの先導でお経をあげます  
■自分の祈りをし、 お礼を言って終わる
■本堂の次に大師堂でも同じようにおまいりします。
慣れるまでは、この一連の動作がスムーズに出来なくてウロウロ~でしたが、回を重ねると、段取りも判り、難無く出来るようになります。


●納め札は巡拝の回数により、色に決まりがあります。
1~4回は白札・5回以上が青札・8回以上が赤札・25回以上が銀札・50回以上が金札
100回以上が↓の錦札
d0091279_14273117.jpg



朱印の掛け軸・御影の額・朱印の白衣・たまちゃんに頂いた、在り難い「錦のお札」最多320回を回られた方の錦のお札も在ります
d0091279_142928.jpg



2002年9月に巡拝した時に、高知の桂浜近くで撮った太平洋の夕日です。
d0091279_18511119.jpg


                      合掌

PS
カテゴリの一番下に成りますが贈公認先達のたまちゃんの記事を書いてます。
重度障害にも拘らず、[笑顔の大師たまちゃん]の愛称で四国遍路に頑張っておられますので、是非とも読んで下さい。




四国遍路について問い合わせ等の連絡はコメントかHP「マリモの粘土作品Gallery」の掲示板にお願いします。
[PR]

# by 7777k1 | 2013-04-23 22:27  

第一番札所 霊山寺(りょうぜんじ) 弟1回目巡拝

いよいよ~バス遍路の始まりですヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
朝8時に家の近くの集合場所から、四国向けてε=ε=ヘ(;゚∇゚)ノ ゴーゴー♪
途中淡路ハイウエイオアシスで、休憩を取り、1番霊山寺に到着は11時過ぎに到着でした。
遍路用品の説明を聞き、必要な人は揃えます。

四国八十八ヶ所の起源  
大師の開かれた88の霊跡を巡る四国遍路は、長者衛門三郎が自分の非を悟り大師の後 を追って四国を回ったのが、はじまりで1200年の歴史だといわれています。
今昔物語や保元物語にも四国遍路のことが伝えられており、平安末期から南北朝の頃にかけて既に日本各地か ら四国を訪れていたらしい。
各札所の略縁起は、参考文献「四国八十八ヶ所詳細地図帖」から~抜粋させて頂きました。

第一番札所 霊山寺(りょうぜんじ)
ご本尊  釈迦如来。 
お真言  のうまく さんまんだ ほだなん ばく
御詠歌  霊山(りょうぜ)の釈迦(しゃか)の御前に巡りきて、よろずの罪も消え失せにけり

d0091279_15544691.jpg

d0091279_14165536.jpg



略縁起
奈良時代の天平年間、聖武天皇の勅願により行基菩薩が開いたお寺です。
その後、弘法大師が四国を回られた時、ここで21日間修行をされた際、天人があらわれ、「人々を救うため八十八ヶ所を開かんと願うならば、ここを第一番と定むべし・・・」と告げて姿を消しました。 そこで釈迦如来を刻み、天竺・・印度・・の霊山を日本に移すというところから竺和山霊山寺と号し、四国第一番の札所とされたものです。



1番~霊山寺の山門 風格ある「仁王門」 左右の「阿吽」の仁王像が遍路を迎えてくれる
d0091279_1473318.jpg



霊山寺の広い本堂奥で、住職の受戒を受けての、正式な巡拝の始まりです。
d0091279_1655423.jpg




霊山寺本堂 境内に入ると、右手に泉水池があり正面に本堂が在る。
d0091279_15583076.jpg



霊山寺大師堂 大きな鯉が泳ぐ泉水池の奥に大師堂がある。
d0091279_1559412.jpg



多宝塔 以前の参拝の時は工事中だったが、綺麗な泉水池に映えた多宝塔が綺麗だった。
d0091279_1651370.jpg

 

大師像  
d0091279_071892.jpg



本尊釈迦如来
d0091279_0132769.jpg




霊山寺鐘楼
d0091279_0595.jpg




観音像と浄水場
d0091279_00167.jpg

浄水場のお大師様
d0091279_08308.jpg



不動明王と13佛堂
d0091279_091499.jpg




孫も一生懸命にお経を、お唱えてる
d0091279_0102922.jpg



今日は、連休と在って、凄く多いお参りでした。バスが何十台も~ヽ(*'0'*)ツ ビックリ! !
台風接近で、降水確率80%と出ていたにも関わらず~良いお天気に恵まれ、素晴らしいお参りができました。


1番~霊山寺 ⇔ 2番~極楽寺

2006-09-16
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:59 | 1番~霊山寺 1回目  

第二番札所 極楽寺(ごくらくじ)

第二番札所 極楽寺(ごくらくじ) HP
ご本尊  阿弥陀如来。 
お真言  おん あみりた ていせい かうらん
ご詠歌  極楽(ごくらく)の 弥陀(みだ)の浄土に行きたくば 南無阿弥陀仏 口ぐせにせよ
d0091279_16243420.jpg
 
d0091279_14182632.jpg



略縁起
阿弥陀如来の後光があまりにも強く、魚が寄りつかなかったそうですが、有り難い阿弥陀如来を動かすことは出来ず漁師達も困っていたので、和尚は本道の前に小山を築くことを許してくれました。
本道の前に小山ができてからは、後光もさえぎられ鳴門の海では前のように又沢山の魚がとれるようになったそうです。


2番 極楽寺山門 朱塗りの二層瓦葺きの仁王門
d0091279_16365142.jpg



山門を入ると、岩石と樹木が上手に配置されて、右手に見える手水所も綺麗だ
d0091279_2035645.jpg

d0091279_23475011.jpg



極楽寺本堂  きつい石段を登ると、入母屋造りの銅板葺きの本堂が在る。
d0091279_2064353.jpg



極楽寺大師堂 本堂の右奥に宝形造りの大師堂
d0091279_209139.jpg



極楽寺の大師像
d0091279_2094059.jpg



長命杉
大師お手植えと伝わる大樹である。本堂手前の石段の左横にあるこの杉は、これに触れれば長命にあやかることができるといわれている。
d0091279_16372285.jpg



お大師様の足型   
d0091279_23511077.jpg



極楽寺山門を入った所で、「たまちゃん」が待っていてくれた。
d0091279_20105110.jpg


四国88ヶ寺と別格20寺分、108ヶ寺分のカラーの御影を頂いた。
素晴らしいプレゼントに感激でした。
d0091279_20132024.jpg


この素晴らしいカラーの御影は、各寺紹介の御影の写真として掲載させて頂きますm(._.*)mペコッ


1番~霊山寺 ⇔ 3番~金泉寺

2006-09-16
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:58 | 2番~極楽寺  

第三番札所 金泉寺(こんせんじ)

第三番札所 金泉寺(こんせんじ)
御本尊  釈迦如来。 
お真言  のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
ご詠歌  極楽(ごくらく)の たからの池を思えたべ こがねの水、すみたたえたる

d0091279_20202798.jpg

d0091279_14201623.jpg


略縁起
聖観音は、またの名を勝運観音と呼ばれ大変運の強い観音さまといわれており、源義経が屋島の源平合戦に向かう途中この金泉寺に立ち寄られ、戦に勝つ事を聖観音に祈願されたといわれています。
大師が井戸の水が湧き出る様を讃え、堂を建立し金泉寺となずけ、井戸は今も長寿を齎すとされている。

3番 金泉寺山門
瓦葺き二層の新しい朱色の仁王門。左右山門柱の板には菊の御紋が付いている。
d0091279_203917.jpg

d0091279_0151461.jpg

d0091279_015296.jpg



金泉寺本堂  山門正面に本堂がある
d0091279_2040950.jpg


金泉寺大師堂  宝形造の正面階段専用の屋根が張り出ている大師堂
d0091279_20455588.jpg


たまちゃんと一緒にお参り出来たヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
d0091279_20463559.jpg

 
観音堂  八角形の姿をしている。
d0091279_20465674.jpg


たまちゃんと一緒にお参り出来で嬉しかったが、私達はバスなのでここでお別れしました。
遠い所会いに来てくれて、 ☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!
又~機会があったら、よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ


2番~極楽寺 ⇔ 4番 ~大日寺

2006-09-16
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:57 | 3番~金泉寺  

第四番札所 大日寺(だいにちじ)

第四番札所 大日寺(だいにちじ)
ご本尊  大日如来。 
ご真言  おんあびらうんけん、ばさらだどばん
ご詠歌  眺(なが)むれば、月白妙(つきしろたえ)の 夜半(よわ)なれや ただ黒谷に、墨(すみ)ぞめの袖
d0091279_2111195.jpg

d0091279_1428569.jpg


略縁起
三方が盛りあがる森の木々に囲まれ、自然のなかにたたずむ大日寺
本堂と大師堂をつなぐ廻廊には三十三体の観音像が安置されており、そのお顔は優しくて尚且つ力強さが感じられます。

第4番札所 大日寺山門  1階は角柱、2階は丸柱と変わった朱色の鐘楼門
d0091279_2123284.jpg


大日寺本堂  山門から、小さめの本堂まで敷石道が敷かれていた。
d0091279_2125465.jpg



大日寺大師堂 本堂から廊下伝いに右手の大師堂にいける。
d0091279_2144552.jpg


本堂から廊下伝いの渡り廊下に33体の木造の観音様が安置されている
d0091279_217144.jpg

d0091279_0204738.jpg


浄水浄の龍
d0091279_0213129.jpg



畑の中にぽつんと立っている長閑な感じのお寺だった。
d0091279_0221431.jpg



駐車場から、山門までの途中に小さな滝が流れていた。
d0091279_2172476.jpg



3番~金泉寺 ⇔ 5番~地蔵寺

2006-09-16
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:56 | 4番 ~大日寺  

第五番札所 地蔵寺(じぞうじ)

第五番札所 地蔵寺(じぞうじ)
ご本尊  延命地蔵菩薩。 
ご真言  おん、かかかび さんまえい、そわか
ご詠歌 六道の、能化(のうけ)の地蔵大ぼさつ みちびき給え、この世のちの世
d0091279_23102498.jpg

d0091279_14285369.jpg



略縁起
地蔵菩薩は5.5cmだそうで身に甲冑を付け、右手に錫杖、左手に如意宝珠を持ち、背に後光を負い馬に跨って勇ましいお姿だそうな。四国八十八ヶ所中、勝軍地蔵菩薩を本尊としているのはこの寺だけとのこと。本堂裏の石段を登っていくと、羅漢堂があり五百羅漢が祀られているらしいですが行く時間が無かった。
イチョウの大木の前にある、淡島大明神をまつった淡島堂という小さなお堂では、何百年も前から淡島さんのヘチマ加持といって、ご祈祷が行われています。婦人病に加護が在るらしい。


地蔵寺山門  新しい白木の正面構えと切妻の屋根の仁王門
d0091279_23152786.jpg


地蔵寺本堂 入母屋向拝の屋根の勾配の強い本堂
d0091279_2316762.jpg


地蔵寺大師堂
d0091279_0321982.jpg



地蔵寺大師様  仁王門に潜って建つ立派な弘法大師像
d0091279_2319589.jpg


六角堂前の地蔵様
d0091279_028492.jpg



地蔵寺鐘楼
d0091279_0343433.jpg


地蔵堂 樹齢800年の大きなイチョウの木の向こうの大師堂横に在る。
d0091279_2317852.jpg



たわわに実った銀杏。地面にも沢山落ちて~匂いが・・・(^ー^* )フフ♪
d0091279_23182688.jpg



バスの中では、先達さんが各寺院やお経や作法の話を、詳しく判りやすく解説して下さる。
d0091279_23193099.jpg



この中先達さんは、125回の結願をされており、金と錦のお札を下さった
たまちゃんは後,数ヶ寺で29回目の結願を迎えるんだって(ノ´▽`)ノオオオオッスゴイ♪
たまちゃんにも銀のお札を頂いたV(^-^) ヤッタ♪
d0091279_2324176.jpg


お札の色にも決まりがあります。
     1~4回は    白札
       5回以上が 青札
       8回以上が 赤札
      25回以上が 銀札
      50回以上が 金札
     100回以上が 錦札
d0091279_19144623.jpg



4番~大日寺 ⇔ 6番~安楽寺

2006-09-16
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:55 | 5番~地蔵寺  

第六番札所 安楽寺(あんらくじ)

第六番札所 安楽寺(あんらくじ)
ご本尊  薬師如来。 
ご真言  おん、ころころ、せんだり、まとうぎ、そわか
ご詠歌 かりの世に 知行(ちぎょう)争う無益なり 安楽国の 守護(しゅご)をのぞめよ
d0091279_23525230.jpg

d0091279_14311436.jpg


略縁起
昔寺近くの安楽寺谷には、万病に効く温泉が湧き出ていて、行脚中の大師はこのこの温泉が病気平癒に縁あるものとして、薬師如来を刻み本尊として堂宇を建立。薬師如来様は病を治す仏様で右手は施無畏印、左手は与願印で薬の入った薬壷をのせている。
逆さに植えた松は今でも六番のさか松と言われ、安楽寺の境内に青々と茂っているらしいが、見逃した。

第6番札所 安楽寺 コンクリートのユニークな鐘楼門
d0091279_14322985.jpg


安楽寺本堂  鉄筋コンクリート造りで不燃性の建物の本堂。
d0091279_0504859.jpg


安楽寺本堂内
d0091279_23501094.jpg


安楽寺大師堂 屋根瓦の古い木造で、本堂とは対照的
d0091279_23511582.jpg


安楽寺多宝塔 綺麗な境内の多宝塔
d0091279_0514827.jpg


さかさ松  中央の石碑の所に在る大師さまお手植えの松
d0091279_0532727.jpg


極楽橋  極楽橋と地蔵様
d0091279_054734.jpg


  

今日の巡拝は、此処までで終わり。
帰りも淡路ハイウェイオアシスでトイレ休憩1回取って、家路に着いた。
明石大橋が左の方に見えます。
d0091279_23572434.jpg
d0091279_23574575.jpg


台風で心配していた雨にも遭わずに、お天気に恵まれ、良いお参りが出来た事に感謝します。


5番~地蔵寺 ⇔ 7番~十楽寺

2006-09-16
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:54 | 6番~安楽寺  

第七番札所  十楽寺(じゅらくじ)

秋晴れの晴天の中を、四国88ヶ寺遍路の第2回目を日帰り巡拝させて頂いた。
今回は前の続きで7番・十楽寺~11番藤井寺までの5ヶ寺です。
今回も孫を交えて、女三人遍路でヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
 
8時に家の近くのバス乗り場から乗り込み出発~!休憩を取りながら、車中でお弁当を食べ十楽寺に12時に到着。いよいよお参りが始まるウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪



第七番札所  十楽寺(じゅらくじ)
ご本尊   阿弥陀如来。 
ご真言  おん あみりた、ていせい、からうん
ご詠歌   人間の八苦(はっく)を早く離れなば 到らん方は 九品十楽(くぼんじゅうらく)
d0091279_22171157.jpg

d0091279_1452749.jpg


略起源
人間が受ける八つの苦難を離れ、十の光明に輝く楽しみが得られるようにと、光明山十楽寺と名付けられた。参り手としては在り難い話。その昔、兵火で寺が焼かれた時、住職が背負って南へ3町運び逃げ事無きを得たという阿弥陀如来本尊である。


十楽寺山門 朱色の上層、漆喰色の下層からなる山門
d0091279_1452346.jpg



十楽寺本堂 高さ5尺の樟製木像で弘法大師作といわれる
d0091279_14543029.jpg


十楽寺大師堂  本堂左手の階段の上に宝形造り大師堂がある。
d0091279_1455140.jpg


十楽寺のお大師様像
d0091279_14555174.jpg



不動尊様 参堂の坂を上っていくと、目をかっと開いた波切不動尊様が刻まれている。
d0091279_154115.jpg



山門から、なだらかな坂道になり黄花コスモスが咲いて長閑ないい感じ~!
d0091279_14534671.jpg



6番~安楽寺 ⇔ 8番~熊谷寺

2006-09-30
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:53 | 7番~十楽寺 2回目  

第八番札所  熊谷寺(くまだにじ)

第八番札所 熊谷寺(くまだにじ)
ご本尊  千手観音。 
ご真言  おん ばさら たまら きりく」
ご詠歌  薪(たきゞ)とり 水くま谷の寺に来て 難行(なんぎょう)するも 後の世のため
d0091279_1843175.jpg

d0091279_15182573.jpg



略縁起
弘法大師が修行しているとき、紀州熊野権現から黄金の5.5cmの金の観音像を授かって、等身大の千手観音を刻み胸中に納め本尊として安置したと言われる。

熊谷寺山門、 県指定文化財の二層の仁王門、熊谷寺山門は、車遍路は通らないので見れなかった。四国の寺の中でも最も大きいもののひとつといわれています。
車遍路では通らないので見れない山門の写真を、たまちゃんが提供してくださった。何時か潜りたい立派な山門である。
d0091279_13222313.jpg



弁財天の横を通り  静かな参堂を進む~
d0091279_1551737.jpg


熊谷寺中門  坂道を登りつづけると中門がある。
d0091279_15263748.jpg


中門の左右には、仁王像が建っている。
d0091279_15271941.jpg
d0091279_15273395.jpg


熊谷寺本堂    こじんまりとした素朴な本堂
d0091279_153915100.jpg


熊谷寺大師堂 本堂左の急な階段を登った狭い所に、建立されているので全景を撮るのが難しい。
d0091279_1543299.jpg



熊谷寺大師像
d0091279_1554753.jpg


二重の多宝塔 境内に入り少し行くと、多宝塔からご詠歌もエンドレスで流れて心落ち着く参道だ。
d0091279_1543483.jpg



此処は、88ヶ寺の中でも、ご詠歌の流れる静かで綺麗で印象に残るお寺の一つだ。


7番~十楽寺 ⇔ 9番~法輪寺

2006-09-30
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:52 | 8番~熊谷寺  

第九番札所 法輪寺(ほうりんじ)

第九番札所 法輪寺(ほうりんじ)
ご本尊   涅槃釈迦如来。 
ご真言  のぅまく さんまんだ ぼだなん ばく
ご詠歌  大乗(だいじょう)の ひほうもとがも ひるがえし 転法輪(てんぽうりん)               の 縁とこそきけ
d0091279_18222029.jpg

d0091279_16465684.jpg


略縁起
釈迦涅槃像を本尊にまつっているのは、四国八十八ヶ所中ここだけです。沙羅双樹の下で最後の教えを説かれ、頭を北に顔を西に向け、右脇を下にして涅槃に入られたといわれます。


法輪寺山門2層の仁王門で横には白壁が囲んでいた。田んぼの中にポツンと建っている。
d0091279_16472549.jpg


山門横には大きなワラジが置いて在る。
d0091279_16493150.jpg


法輪寺本堂 広い境内に本堂と大師堂が並んで建っている。
d0091279_16514545.jpg



法輪寺大師堂 本堂の真横にあり、廊下で繋がっている。
d0091279_16515873.jpg


法輪寺大師像
d0091279_1652185.jpg


本堂の中には沢山の「お願いわらじ」が奉納されていた
d0091279_15595992.jpg


境内の銀杏の木が、黄色く色付き始めてた。
d0091279_16593861.jpg


山門左の休憩所が綺麗にされていた。


8番~熊谷寺 ⇔ 10番~切幡寺

2006-09-30
[PR]

# by 7777k1 | 2008-07-07 00:51 | 9番~法輪寺