第三十番札所 善楽寺(ぜんらくじ)

第6回巡拝は、1月とは思えない位、穏やかでコートすら要らない小春日和の中で、ありがたいお参りを親子3代でさせて頂けました。
高知は我が家からは、遠くて朝8時に出て、30番善楽寺さんに着いたのが、2時前~流石に遠いのを実感!
それでも~吉野川の傍の綺麗な所で休憩を取りながらの道中は((o(*^^*)o))わくわく♪
d0091279_22491712.jpg



第三十番札所 善楽寺(ぜんらくじ)
ご本尊  阿弥陀如来  
ご真言 おん あみりた ていぜい からうん
御詠歌 人多き  立ち集まれたる一の宮  昔も今も  栄えぬるかな
d0091279_22465217.jpg
d0091279_22473228.jpg


略縁起
善楽寺(一ノ宮)と安楽寺(洞ヶ島)の2ヵ寺があり、お遍路を戸惑わせていましたが、、札所を善楽寺に統一することになり、本尊は今まで通り安楽寺に置かれ、安楽寺の住職が両寺の住職を兼ねて、安楽寺は「30番奥の院」となったそうです。


善楽寺山門 二層仁王門。、この山門はR32に面していて参道の手前に在って、車遍路は裏参道を通るので、車中からしか見れなかった。たまちゃんが撮った写真を届けて下さった。
d0091279_22254614.jpg


善楽寺本堂 本堂は昭和57年に建立された第三十番霊場の開創寺である。
d0091279_22282636.jpg


善楽寺大師堂 本堂の右側に並んでいる。
d0091279_2233593.jpg


善楽寺大師像 本堂と大師堂の中間に~建てられている。
d0091279_2238784.jpg



善楽寺梅見地蔵と子安地蔵堂 以前は大師堂梅の木の下にあり、梅の花を仰ぎ見る姿であったことから「梅見地蔵」と名付けられたそうです。首から上の病気にご利益があるそうです。
d0091279_2237141.jpg



29番~国分寺 ⇔ 31番~竹林寺
2007-01-12
[PR]

by 7777k1 | 2008-07-07 00:29 | 30番~善楽寺 6回目  

<< 第二十九番札所  国分寺(こく... 第三十一番札所   竹林寺(ち... >>