第七十五番札所  善通寺(ぜんつうじ)

第七十五番札所  善通寺(ぜんつうじ) HP
  
ご本尊   薬師如来
ご真言   おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
ご詠歌   われ住まば よもきえはてじ善通寺 深き誓ののりのともしび

d0091279_23364929.jpg

d0091279_2337825.jpg




略縁起
ここは弘法大師の生誕の地で、真言宗善通寺派の総本山にして高野山、東寺と共に大師三大霊場の一つに数えられている。広大な境内は、伽藍と呼ばれる東院誕生院と呼ばれる西院に分かれ、併せて45万平方メートルある。
善通寺の創建は、大同元年(806)唐から帰国した大師が先祖の菩提を弔う為に建立したのが始まりと言う。讃岐の豪族だった父・佐伯直田公善通(さえきのあたいたぎみよしみち)から荘田を貰い受け、この地に唐の八ヶ霊場の土砂を撒き、唐の青龍寺の伽藍の雰囲気そのまま再現しようとしたようだ。
観光客も多く、賑わっているお寺の一つである。



善通寺山門 南大門  
d0091279_2145760.jpg


中門  
d0091279_21493233.jpg


仁王門(西院 )
d0091279_2148203.jpg





善通寺本堂   「大宝楼閣陀羅尼」(だいほうろうかくだらに)と書かれている
金堂と呼ばれる本堂は東院にある。東院には他に五重塔、常行堂、三帝御廟などがあり東に赤門、西に中門、南に大門のそれぞれから入れるようになっている。
d0091279_2151295.jpg



善通寺大師堂 本堂から中門を潜り、再び仁王門を潜ると西院で正面に御影堂(大師堂)がある。西院は誕生院と呼ばれ大師の母、玉依御前(たまよりごぜん)の御殿跡で大師誕生の地と言われている。
御影堂には礼堂、中殿、供養殿,奥殿の4棟があって、大師は奥殿で誕生されたといわれ、大師自筆の自画像「瞬目大師」(めひきだいし)が掲げられてている
d0091279_2152261.jpg



善通寺大師像
d0091279_21525098.jpg

d0091279_2261187.jpg




善通寺鐘楼
d0091279_21532928.jpg




五重塔  高さ45m
d0091279_2154540.jpg




大楠 東院の大門をくぐると左手に老樹の樹齢1,000年をこえ、幹の周囲は10m越す。
d0091279_21543047.jpg



御影の松  大師が入廷唐の時、この樹に登り池に写る御姿を描きご両親に形見とされた樹
d0091279_21583123.jpg



毘沙門天
d0091279_21592332.jpg



砂踏み道場 88ヶ寺のお砂踏みが出来る
d0091279_2224591.jpg


74番~甲山寺76番~金倉寺
2007-06-09
[PR]

by 7777k1 | 2008-07-06 00:43 | 75番~善通寺  

<< 第七十四番札所  甲山寺(こう... 第七十六番札所  金倉寺(こん... >>