第八十三番札所  一宮寺(いちのみやじ)

第八十三番札所  一宮寺(いちのみやじ)
  
ご本尊   聖観世音菩薩
ご真言   おん あろりきゃ そわか
ご詠歌   さぬき一宮の 御前にあおぎきて 神の心を誰かしらゆう

d0091279_16273311.jpg

d0091279_16274772.jpg



略縁起
大宝年間(701-04)に行基菩薩の師である義淵僧正が開基したと伝えられる。当初は大宝院と称し法相宗に属していたが、のちに行基菩薩、さらに弘法大師による修造があり、真言宗に改められた。その後、隣接する田村神社が讃岐の一宮となったとき、一宮寺は筆頭の別当寺となり神社と一体になったが、高松藩主松平頼重による分離策と明治維新の神仏分離令を経て田村神社と分離した



一宮寺山門  小道をはさんで讃岐一ノ宮田村神社の鳥居と向かい合っています。
d0091279_20431524.jpg




一宮寺本堂 
d0091279_20434932.jpg




一宮寺大師堂 
d0091279_20441990.jpg




一宮寺鐘楼
d0091279_2045897.jpg



地獄の釜  薬師如来の小さな祠を言う。この祠に頭を入れ、自分自身を無にすれば新しい境地がおのずと開けるといわれています
d0091279_20452874.jpg




地蔵菩薩堂
d0091279_20461510.jpg




不動様
d0091279_20501982.jpg

d0091279_20483548.jpg



82番~根香寺 ⇔ 84番~屋島
2007-07-14
[PR]

by 7777k1 | 2008-07-06 00:35 | 83番~一の宮寺  

<< 第八十二番札所  根香寺(だい... 第八十四番札所  屋島寺(やしまじ) >>