別格第3番  慈眼寺(じげんじ)

別格第三番  慈眼寺(じげんじ) HP

ご本尊   十一面観世音菩薩 
ご真言   おん、まか、きゃろにきゃ、そわか
ご詠歌  天とふや 鶴の奥山おくたへて 願ふ功力に法ぞ通はむ

d0091279_18552744.jpg
  


略縁起
弘法大師が19才の時に修業中、夢のお告げにより、鍾乳洞を発見した。悪魔悪竜を洞窟の壁に封じ込めた行場として、有名で洞窟での「穴禅定」が行われています。百メートル程の洞窟だが、洞窟内では導師の言う通りに身体を曲げないと進退できなくなる。ロウソク1本の明かりを頼りに進んで行く。



慈眼寺本堂  深山霊谷にそびえ立つ本堂
穴禅定をする為着替えて、カメラは持参できず直接見た写真は無い。穴禅定の入り口に繋がる険しい石段の下に小さな本堂が在った。100メートル位の鍾乳洞を往復するのに2時間弱掛かった。
d0091279_1954371.jpg


洞窟は2億5千万年前に形成された細長い亀裂形の鍾乳洞で、ロウソク1本の明かりを頼りに進んで行く。洞窟内では想像以上に暗くて狭くて導師の言う通りに身体を曲げないと進退できなくなる。
途中の岩壁には、三尊阿弥陀如来、不動明王、普賢菩薩、が刻まれているのが薄明かりの中見える。又~お大師様が法力で封じ込めた悪龍の頭・牙・手足・尾の他にも、魔除のホラ貝等がはっきり確認出来て少し薄気味悪い。
一番奥の少し広い所は、座禅修行姿のお大師様が祭られていて、在り難く参拝させて頂けた。
d0091279_18592495.jpg


慈眼寺パンフレット写真より   この急な石段は、洞窟に入るまでの序の口です
d0091279_19163364.jpg


返りは罪滅ぼしの胎動くぐりをして一願成就のお大師様の袈裟かけ石をさすって祈願します。胎動くぐりは、はいつくばって狭い洞窟をくぐるので大変だったが、この大変な思いをして穴禅定を無事にお参り出来ると、
①無病息災で長患いをしない
②金運、開運が成就します
③狭い所を通り抜けるので入試、安産、交通安全の成就が出来ます
④その他、お大師様におすがりして種々のご利益がいただけます
d0091279_1917357.jpg




慈眼寺石門と大師堂
d0091279_18555560.jpg

d0091279_1928123.jpg



慈眼寺鐘楼  鐘楼横の此処から険しい坂道が永遠と続き、登った所に本堂が在る。本堂にたどり着くのも大変だった。
d0091279_19132016.jpg




観音像と大師像
d0091279_19143620.jpg



潅頂ヶ滝 一心橋を渡ると落差約60mの名瀑です
d0091279_2013383.jpg



不動堂前に在る石柱2本の間を潜り抜けられた人だけが穴禅定に参加できる。この前に居る人は残念ながら通れなかった(;^_^A アセアセ
穴禅定の入り口付近にも、もう一度石の間を通り抜けられるか試す石柱の関所があった。無理して入ったら、本当に抜けなくなりそうです。
d0091279_1919895.jpg



別格2番~童学寺 ⇔ 別格4番~鯖大師本坊
2007-12-07
[PR]

by 7777k1 | 2008-07-06 00:25 | 別格3番~慈眼寺  

<< 別格第2番  童学寺(どうがくじ) 別格第4番  鯖大師本坊(さば... >>